マレーシアでのインターネットプロバイダ選び

マレーシアでは、その他の東南アジア諸国と比較しますとネットインフラに関しては群を抜いて快適・スムーズで、非常に良く整備されております。

これは、マレーシアという国はIT産業の推進を主な目的としたMSC計画を進行中であるということが大きく関係しているでしょう。

そして、クアラルンプール市内でこれから新たに開業するレストランには必ずWi-Fiを設置しなくてはならないといったことが義務付けられていたりもするのです。

ですから、日本のネットインフラと比較してみても、特に不便を感じることなく快適に使っていくことが出来るはずです。

さて、マレーシアにてインターネットを使用するのであれば、プロバイダの契約をしなくてはなりません。日本と同じようにプロバイダによってサービス内容や使い勝手などが異なりますから、いろいろと比較してから選ぶようにしましょう。

中でもマレーシア国内の最大手プロバイダがテレコムのUNIFI(ユニファイ)というサービスです。マレーシア国内の広いエリアをカバーしており、何処でも安定して使えるというのがメリットです。

2年契約を結ばないといけませんので、ある程度長期間マレーシアにて滞在をするという方に向いていると言えるでしょう。

その他ですと、もともとはケーブルテレビの会社としてサービスをおこなっていたアストロビヨンドも人気です。

ケーブルテレビ会社だからこそ、マレーシアにいながらにして日本の番組が見られるなどといったメリットがありますので日本人に支持されています。